九州部会
...
  • 2019年度の部会活動
    第1回
    日時:2019年3月21日(木)午後1時より
      *なお理事会は12時より4号館6階の流通科学研究所で開催します。昼食は準備します。(費用各自)
    場所:中村学園大学 ・2号館 2階会議室

    研究会報告
    (1)謝 冉(佐賀大学工学系研究科博士後期課程 )
      「中国における化粧品メーカーの専門店チャネルについて」
    (2) 西島博樹(佐賀大学)
      「中国小売市場における競争構造の動態」
    (3)甲斐 諭(中村学園大学)
      「東京オリパラ選手村で使用する野菜のグローバルGAP認証取得の意義と課題~流通チャンネルで変わる便益と評価~」

    *研究会終了後、部会総会を予定しています。
    第2回
    日時:2019年9月21日(土)午後1時より
      *なお理事会は12時より鎮西学院本部棟 2F理事会室で開催します。昼食は準備します。(費用各自)
    場所:長崎ウエスレヤン大学 ・鎮西学院本部棟 2F理事会室

    研究会報告
    (1)宮崎 卓朗 (佐賀大学)
      「地域商業と地域の規定関係」
    (2)甲斐 諭 (中村学園大学)
      「東京オリパラに伴う野菜のGAPシステムと流通の課題~5つのケーススタディからの示唆~」
    (3)木村 務(長崎県立大学)
      「農産物ブランド形成における農協の役割 ー“ 佐賀牛”を事例としてー」
  • 2018年度の部会活動
    第1回
    日時:2018年3月10日(土)午後1時より
      *なお理事会は12時より開催します。(2号館22A教室)昼食は準備します。(費用各自)
    場所:福岡大学 ・2号館 地下会議室1(キャンパスマップは8.6Mあります)

    研究会報告
    (1)謝 冉(佐賀大学工学系研究科博士後期課程 )
      「中国における化粧品流通チャネルの変容― チャネル「短縮化」 を中心にー」
    (2)田中 晃子(熊本学園大学院博士後期課程 )
      「広告に表されるジェンダー〜ブランド研究おける消費文化理論の応用 ~」
    (3)高橋 義文(九州大学)
      「主要牡蠣生産地の地域別消費者評価」

    *研究会終了後、部会総会を予定しています。
    第2回
    日時:2018年9月15日(土)午後1時より
      *なお理事会は12時より開催します(会議準備室)。昼食は準備します。(費用各自)
    場所:佐賀大学経済学部 ・3号館3階会議室

    研究会報告(報告時間45分、質疑応答20分)
    (1)柴田 鎮毅 (宇美商業高校)
      「自由貿易地域の規定の導入を巡る議論-ハバナ会議(1947年~1948年)において-」
    (2) 草野 泰宏 (名桜大学)
      「成人式消費と消費者アイデンティティ〜消費文化理論(CCT)の応用(仮)」
    (3)山本尚俊(長崎大学)・北野慎一(京都大学)
      「組織内・組織間関係から見た量販店の原価・ロス抑制の対応と特徴-クロマグロを中心に‐」

    *研究会終了後、部会総会を予定しています。
...